甘い身が特徴の本ズワイガニ

お酒に合う!

お酒に合う!

ワタリガニはいろんなグルメとして頂くことが出来るものです。チャーハンを作ったり、食が進むから揚げとか心から温まる味噌鍋もおすすめです。
冬と聞くとカニが絶品な時節ですが、山陰沿岸で陸揚げされる松葉ガニに引けを取らないのが瀬戸内海沿岸の旨いワタリガニです。正式名はガザミであり、今では瀬戸内で一番人気のカニとなりました。
ズワイガニとは、水深300m程の深海に棲息し、観光地の多い山口県からカナダ近海まで広範に棲息しているすごく大きくて食べたという満足感のある口にする事が出来るカニになるのです。
繊細で柔らかく甘い身が特徴の本ズワイガニは、産地から直送してくれる通信販売してくれるかにを購入する以外ありません。通販のお店で本ズワイガニを購入したら、ほとんどの場合どれだけ違うものか明確になることなのです。
旅行に行きたくなる北海道の毛ガニの口当たりの良い旨み、やみつきになる蟹味噌の味としっとりとした舌触りを満喫した後の最後は、味わい深い甲羅酒を味わいましょう。毛ガニこそカニの王様だと思います。

 

頂くと現実的に食感の良いワタリガニの旬と言えば水温が低下する11月から5月頃までだということです。この期間のメスは殊に乙な味となるのでお歳暮などの差し上げ品に使用されます。
ワタリガニは多彩な食材として食べることが可能なと考えられます。焼ガニや蒸しガニとして楽しんだり、ボリュームのある素揚げや絶品のチゲ鍋なども推奨したいです。
ズワイガニとは、水深300mに近い深海に集まっていて、素敵な山口県からカナダ付近まで幅広く生息しているすごく大きくて満腹感のある口に出来るカニだと言えそうです。
冬と言うとカニが絶妙な時期となりますが、山陰沿岸を生息地にしている松葉ガニと競っているのが瀬戸内海沿岸のコクのあるワタリガニです。正式な名前はガザミとなっており、近年では瀬戸内で誰もが知っているカニと言われているのです。
築地などで取り引きされるタラバガニのほとんどはロシア原産で、ほとんどベーリング海などに棲息していて、海産物が集まっている稚内港に着港してから、その地より各地へ届けられて行くわけです。

yuzulemoncl1 / 2015年11月11日 / 未分類

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>